スケルトンiPhone6Sの画像とは

一時期iPhoneユーザーの間で騒然となった画像として、スケルトンiPhoneの画像というものがあります。
これは文字通りiPhoneの本体が全てクリアなスケルトン状態となったもので、中身がどこにあるのか判らないといったなんとも不思議な画像でした。
この技術がiPhone6では使われるのではないか、と期待されたりもしたのですが、実際のところは本体の形状等はこれまでのiPhone5sまでのものと、特別な変化はないようです。
先に話したスケルトンのiPhoneの画像は開発中の画像のようで、操作のためのホームボタンやボリュームボタン等も全てタッチパネルにすることで、スケルトン状態を実現しているもののようです。
これが量産されるのはまだ少し先の話かもしれません。
iPhone6Sを予約・購入するならドコモオンラインショップがいいって本当?